2010年12月27日

アンチエイジングに効くと言われる漢方

今日は内側からのキレイを考えてみます。

「漢方」って人によって違ったイメージを持っているかもしれません。

よく





「漢方って長く飲まないと効果ないんでしょ?」




って言われます。

確かに体質改善を目指す場合は長くかかることが多いけれど

体にバッチリあっている薬をタイミングよく飲むと

風邪なんかは1〜2回の服用で治ってしまうこともあり、

その効果に驚いてしまうこともあります。




私が漢方に目覚めたのは、自分が使ってみてその効果を実感してからでした。

産後どうも調子が悪く、食欲が落ちて、立ちくらみがひどく、すぐに疲れて

どうにもこうにも体がダルくてたまらない時期がありました。

なかなか調子が戻らないので、とりあえず普通の病院へ行っても



食欲がないから胃粘膜を保護する薬

立ちくらみがあるから貧血や低血圧をチェック

すぐに疲れるなら血液検査でデータを確認、特に問題ないですね

とりあえず薬を飲んで様子をみましょう



という具合です。

何か病気があれば、その症状を抑えるという「対症療法」が

西洋医学の基本だと思います。

そこで人生で初めて漢方科に行ってみました。

脈、舌、お腹の順番で診察し

たくさんの生薬をきざんだ煎じ薬が処方されました。

半信半疑でコトコト煎じ、とりあえず飲んでみたところ

一服して




あれ?なんかいい感じかも




みたいな印象を持ちました。

続けて2週間ほど飲んでみましたが

徐々に倦怠感がとれて、食事がおいしくなってきました。

西洋医学ではどうすることもできなかった

しつこい倦怠感がほとんどとれてしまったのです。

その後漢方に興味がわいてきて

本格的に勉強することになりました。




漢方って、症状を抑える治療というよりは

症状が起きている原因を少しずつ改善させていくようなものなんでしょう。

どんな時でも

「血流が良い」

っていうのは健康や美容にとって最も大切な要素であると思います。

漢方に入っている生薬の中には

気の巡りをよくしたり

瘀血と言われる、血液が停滞した状態を改善させるようなものがあります。

よく巡っていれば、いらないものが体に滞りにくく

きれいな体を目指せると思います。




漢方でよく言われるアンチエイジングに良しと言われる薬は

桂枝茯苓丸(中肉以上の女性に特に◎)

八味地黄丸(主に中高年)

です。

桂枝茯苓丸は瘀血で女性疾患に困る人に出されたり、

ニキビの改善にもよく使われるものです。

これがエイジングケアとしても良いことが知られています。

ただ、この薬は割とガッチリしてて元気な人じゃないと

強すぎて薬に負けてしまうことがあるので注意が必要です。

もうちょっと体格が細くて華奢なタイプには

当帰芍薬散などの他のタイプの瘀血治療薬がおすすめです。

もちろんこれは一般論で、

きちんと診察したら違う薬が合っていることもあります。




漢方薬はいろんな種類の生薬が混ざったものなので、

生理痛を改善させるつもりで治療を始めて

意外と他の部分の調子までよくなったり

西洋薬とはまた違った、不思議な利き方をするところも魅力です。

生薬や生薬同士のコンビネーション、生薬と腸内細菌のコンビネーションによって

それぞれのベクトルがうまく調和して体を良い状態に持っていく、

そんなイメージです。



漢方のクリニックは、保険がきくところと

ちょっと神がかり的?なうさん臭いところもあるので

注意が必要です。

神がかり的なものが一概にダメとは言いませんが

現代医療にサイキック云々を持ち込むのはどうかと思います。

(あくまで私個人の考えです)

そういうところは概して自費診療(保険がきかない)が多いんですよね。。

中には1ヶ月分のお薬で15万とってるところもあり、驚きです。

自費診療だからあやしい、という意味ではなくて

自費でもちゃんとしたところももちろんあります。

漢方薬を漢方薬局で買うこともできますが

保険がきかないのでやっぱり高いです。

おすすめは

ちゃんと診察を受けて、保険でお薬を処方してもらうことです。

保険がきくので3割で買えちゃいます♪




長くなってしまいましたが

また今度、「常備していたいおすすめ漢方」

について書いてみたいと思います。

漢方を臨機応変にうまく使えば

毎日をもっと快適にすごせるかもしれないですよ☆




























posted by ポスト美魔女(予定) at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

保湿剤の決定版

昨日は飲み会帰りと見られるほろ酔いの上機嫌な人たちや

幸せそうなカップルをたくさん見かけました。

クリスマスというと、なぜかいまだにワクワクしてしまいます♪




そんな楽しいクリスマスですが、お肌にとってはちょっと過酷なシーズンでもあります。

空気は冷たく乾燥しているので、乾燥肌の人にとってはカサつきが気になってるかもしれません。

よく周りの人におすすめの保湿化粧品はなんですか?と聞かれますが、

私の一押し保湿剤はなんといってもヒルドイドとビーソフテンです!

病院で処方してもらう薬ですが、非常にコストが安く、

しかも余計な成分が入っていないのでアトピーの人が普段使いに頻用しているものです。

有名ブランドの化粧品では手を替え品を替え、次々と新しい製品が販売されてます。

中にはアンチエイジング成分をほんのちょっぴり混ぜて保湿剤を作っているものもありますが

化粧品に入れられる有効成分の濃度は微々たるものなので、

アンチエイジングについての効果は気休め程度ではないでしょうか。

徹底的に乾燥肌を改善したいのであれば、高い化粧品にお金を払う必要はないと思います。

皮膚科に行って乾燥して痒いとか言えば、すぐに処方してもらえます。

ヒルドイドは軟膏タイプとローションタイプがありますが、テクスチャーの好みで選んでいいと思います。

ビーソフテンはトロッとした感じのローションで、(スプレータイプもあります)

私は乾燥がひどい時はビーソフテンローションを使った後にヒルドイドをダブルで使います。

これら2剤は血流を良くする成分が含まれているので、足の静脈瘤でカサつく人にもとってもオススメです。

目の近くに使ってはいけないと一応書かれていますが、そんなこと気にせず

目の下の小じわにガッツリ塗ってOKです。

皮膚科の大御所の先生も、




「塗ってると小ジワが伸びるから目の近くにもたっぷり使っていいですよ」




と患者さんに説明していましたよ♪

スキンケアが面倒でさぼりがちな私は、お手入れしないでひどくなった時

ヒルドイドでケアします。

乾燥で小ジワができそうな時、ヒルドイドを使うとその効果をかなり実感できます。




というわけで、乾燥対策はお金をかけずに効果抜群のヒルドイドやビーソフテンで決まりです。

賢く倹約しながらしっとりもちもちお肌を手に入れましょうね☆










posted by ポスト美魔女(予定) at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

食べたものが自分の身体の一部になる

巷には美味しそうなファーストフードや、やたら長持ちするコンビニご飯、

手頃に買える弁当屋の弁当、レンジで簡単に調理できる総菜など

日本には食べ物が溢れてます。

昔の時代は不便だったでしょう。

電気がないから夜に寝れば夜更かしなんかできないし、

冷蔵庫がないから食物の保存もきかない。

だからこそその季節ごとにとれる食材をいただいて暮らしていたんだと思います。

毎日手に入る食物とそのパワーをありがたくいただく、というもっとそんな雰囲気だったんじゃないでしょうか。

ファーストフードを例にあげると、濃い味付けで美味しそうなフレーバーなど

パッと見は誰にでもわかりやすく、美味しいんじゃないか?と錯覚してしまいそうになります。

でも、濃い味付けや人工的な香りは、その素材の持つ本当の美味しさを消してしまいます。




人間のご飯はエサじゃないんですよね。




人間の身体は日々古いものは捨てられて、新しいものに置き換えられていきます。

姿形は同じように見えても、1年たつと身体の90%は新しいものに入れ替わっています。

未来の身体は今現在食べているものが作っている、と考えると

何気なく食べているご飯が将来の健康美の重要なポイントになっているのは

間違いないでしょうね。

普段巷に溢れている、「わかりやすい食事」というのは、

人間に本来備わっている味覚を麻痺させてしまいそうです。

現代人がそういった食事を完全に断つのはなかなか難しいかもしれませんが

チャンスがあれば、意識的に食材の滋味を生かす食事をとれるように

心がけたほうがいいかもしれませんね。



漢方の考えでは「気」という重要なファクターがあります。

たくさん加工された加工食品だと、せっかくの穀気がぶっとんでしまいます。

せっかく食べるなら、食材にあまり手を加えない「気」のパワーが豊富な食事を

すると良いと思います。

ある先生はなるべく生で食べましょう、と言っていますが

野菜を生でばかり食べると、特に葉ものはあまりたくさん食べられないので

火を通して食べるのは、私は悪くないと思っています。



私も普段はかなり多忙のため、ついついおなかを膨らませることを考えて

お手軽なご飯を食べてしまってます。

でも、休みの日くらいはなるべく素材を生かした食事を食べるように心がけています。

せめて小さい子供には、とがんばって毎日質のよい食事を食べさせていることについては

自分自身をほめてあげたいです♪



1年後の健康美魔女を目指すために、

今からでも毎日の食事を見直してみませんか?

意識するだけでも変わってくると思うので

がんばっていきましょう!




posted by ポスト美魔女(予定) at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。