2010年12月24日

食べたものが自分の身体の一部になる

巷には美味しそうなファーストフードや、やたら長持ちするコンビニご飯、

手頃に買える弁当屋の弁当、レンジで簡単に調理できる総菜など

日本には食べ物が溢れてます。

昔の時代は不便だったでしょう。

電気がないから夜に寝れば夜更かしなんかできないし、

冷蔵庫がないから食物の保存もきかない。

だからこそその季節ごとにとれる食材をいただいて暮らしていたんだと思います。

毎日手に入る食物とそのパワーをありがたくいただく、というもっとそんな雰囲気だったんじゃないでしょうか。

ファーストフードを例にあげると、濃い味付けで美味しそうなフレーバーなど

パッと見は誰にでもわかりやすく、美味しいんじゃないか?と錯覚してしまいそうになります。

でも、濃い味付けや人工的な香りは、その素材の持つ本当の美味しさを消してしまいます。




人間のご飯はエサじゃないんですよね。




人間の身体は日々古いものは捨てられて、新しいものに置き換えられていきます。

姿形は同じように見えても、1年たつと身体の90%は新しいものに入れ替わっています。

未来の身体は今現在食べているものが作っている、と考えると

何気なく食べているご飯が将来の健康美の重要なポイントになっているのは

間違いないでしょうね。

普段巷に溢れている、「わかりやすい食事」というのは、

人間に本来備わっている味覚を麻痺させてしまいそうです。

現代人がそういった食事を完全に断つのはなかなか難しいかもしれませんが

チャンスがあれば、意識的に食材の滋味を生かす食事をとれるように

心がけたほうがいいかもしれませんね。



漢方の考えでは「気」という重要なファクターがあります。

たくさん加工された加工食品だと、せっかくの穀気がぶっとんでしまいます。

せっかく食べるなら、食材にあまり手を加えない「気」のパワーが豊富な食事を

すると良いと思います。

ある先生はなるべく生で食べましょう、と言っていますが

野菜を生でばかり食べると、特に葉ものはあまりたくさん食べられないので

火を通して食べるのは、私は悪くないと思っています。



私も普段はかなり多忙のため、ついついおなかを膨らませることを考えて

お手軽なご飯を食べてしまってます。

でも、休みの日くらいはなるべく素材を生かした食事を食べるように心がけています。

せめて小さい子供には、とがんばって毎日質のよい食事を食べさせていることについては

自分自身をほめてあげたいです♪



1年後の健康美魔女を目指すために、

今からでも毎日の食事を見直してみませんか?

意識するだけでも変わってくると思うので

がんばっていきましょう!




posted by ポスト美魔女(予定) at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/174979858
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。