2010年12月31日

今年の〆は水族館で

来年まで秒読みとなりました。

なんだかあっという間に1年がたってしまいました。

今年はいろいろと本当にがんばったので

久しぶりにとっても充実した気分です。

昨日は子供となじみの水族館に行きました。

ファインディングニモに出てくる

大きなエイの先生のモデルになった

オニイトマキエイに子供はかなりエキサイトしてました揺れるハート

こわくないサメは他の魚たちと一緒の水槽にいますが

危険なサメはサメだけで集められて同じ水槽にいます。

そのサメの顔の凶悪なことといったら目

他の水槽と違ってサンゴも海藻もなく、ただ殺風景な水槽に

たくさんの危険なサメが入れられています。

その殺風景さがより一掃凶悪感をあおっているような感じ。

驚いたことに、きれいな小魚がたった1匹だけ

その凶悪な水槽にいるじゃありませんか。

かわいそうに、その小魚は水槽の隅っこに寄って

サメに見つからないように身を潜めているようにも見えます。

何かの間違いなのか、それとも食事用の魚が残っていたのか?

私にはわかりません。

その小魚がサメに食べられるんじゃないかと

子供とハラハラして見ていました。



そして今日

やはり昨日のことを思い出して

もし自分がその小魚だったら

と思うといたたまれない気分になり..




「サメの水槽に1匹だけ小魚がいるのを見かけまして..

食べられるんじゃないかと子供が心配しているもので..」




と子供を理由にたらーっ(汗)水族館に電話。

オペレーターのお姉さんが

ありがとうございます、スタッフに伝えますわーい(嬉しい顔)
あせあせ(飛び散る汗)

と言ってくれました。

そのかわいそうな小魚のためにやることはやりました。

これで今年思い残すことはありません。






posted by ポスト美魔女(予定) at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月30日

自宅でセルフイオン導入をこまめに行えば1年後に大きく差がつく

まめにやるか やらないかで

大きく差がつく方法はなんといっても




「セルフビタミンCイオン導入」




です。

肌の上にいくらあれこれのせても

肌にはバリア機能があって、

なかなか肌の中の方には入ってくれません。

導入器は微弱な電流をかけてイオン化させ、

お肌の奥深くまで浸透させる働きがあります。

普通に塗るより実験室的には



100倍の浸透効果がある




と言われています揺れるハート




ビタミンCイオン導入はよくクリニックのメニューにもありますが

はっきり言ってしまうと、自分で全然できます。

パフォーマンスの良さは機械の性能によるところが大きいので

導入器にはある程度お金をかけた方がいいですが、

導入用のビタミンCローションなんかは自分で手作りすれば

なんとも安上がりかつ効果の高いケアが自宅でできてしまいます!



ビタミンC導入は美白、シミの予防、ニキビ痕の改善、毛穴、

お肌の抗酸化作用(肌の老化を防ぐ)etc..

様々な効果があります。

メイクの前に行うと、キメが整って毛穴が引き締まるので

メイクの仕上がりも断然良くなります。

お肌の乾燥の度合いによりますが、

週3回くらい行うとベストです。

問題は、続くか続かないか..でしょうねあせあせ(飛び散る汗)

私も買った当初はかなりはりきっていました。

私のはローラーに濡らしたスポンジにビタCローションを浸して

コロコロところがすタイプのものなのですが、

機械を出してきて、スポンジを濡らしてコロコロするのが

どうにも面倒くさいんですたらーっ(汗)

ただ、気持ちを新たにまたしばらく頑張ってみると

やはり肌の調子が違うので、

やらなくなる度に罪悪感を感じてしまうのがイタイところですふらふら

ただ、お肌のお手入れがそれほど苦にならない方には

超オススメ & 安価なお手入れ方法なので、

ぜひやってみて下さい。

乾燥肌の人は導入が終わった後、ちょっと突っ張る感じがするので

十分な保湿は必須ですパンチ

私が思うに

たまのフォトフェイシャルとセルフイオン導入で

お肌はかなり良い状態を維持できると思います。

クリニックでイオン導入をしてもらうと

内容は同じなのに1回3000円〜12000円くらいかかります。

そう考えると、クリニックでやってもらうのは

はっきり言って









かもしれませんがく〜(落胆した顔)

やればやった分だけお肌は回復するので

ぜひやってみたいケアと言えるでしょう。

根気のある方はぜひ継続してやってみて下さい。

継続はなんとやらと言いますもんね。

がんばりましょうひらめき




posted by ポスト美魔女(予定) at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

ヒアルロン酸注射でてっとり早く若返り

今日はヒアルロン酸注射について書いてみます。

針を使うので、抵抗がある方も多いようですが

ヒアルの良い点は




万が一失敗しても取り返しがつく




というところです。

失敗してもヒアルロン酸分解注射をすれば、

気に入らない場合は消去できるところが安心ですねるんるん

light系の施術と違い、針を使いますが

打つ場所にあらかじめ麻酔の

キシロカインテープやクリームをつけて行うので

痛みはそれほどでもありません。

(痛みの感じ方は個人差がありますが..)

そして、打った直後から変化を実感できるところが

わかりやすい治療と言えます。




頬がこけてくると頬に横に線が見えてきますが、その場合

ゴルゴラインといって、頬の上部にヒアルを打って

顔の重心を上の方に持ってきて若い印象を作れます。



少し下を向いて、上目遣いにすると

目の下〜頬に陰が見える場合

その部分にヒアルを足します。

地下鉄の窓に映る自分の顔に自信がない時オススメです。



なんとなく口角が下がってきたような感じがしたら

口角のちょっと下に打つこともあります。



その他、目の下の目袋が気になってきた場合

目袋との段差を目立たなくするため

ヒアルを打つこともあります。



また、ヒアルは若く見せる以外にも

鼻を高く見せたい時や

E-line(鼻ー口ー顎の美しいライン)

を作りたい時にも有効です。

だから、若い人で更なるきれいを目指したい方にも

オススメです♪



お値段はクリニックによってまちまちですが、

クリニックによってヒアルが高かったり

レーザー系が高かったりと、傾向があるので

口コミ等も参考にしながら選ぶと良いと思います。


ヒアルは放っておくと自然に吸収されて

半年〜8ヶ月くらいで減ってしまいます。

自然に元に戻るので、

減ったらまた足さないといけないのですが、

万が一気に入らなくてもまた戻るので安心です。

ただ、吸収されないタイプのものもあります。

吸収されないものは万が一失敗すると最悪なので

できればやらない方がいいと思います。



日本の普通のクリニックではまずないと思いますが

安い劣悪なヒアルには混ざりものが

入ってることがあります。

そういったものは全部吸収されず、

皮膚にしこりをつくったりすることもあるので

あまりに安すぎるヒアルは警戒すべきです目



とにかく、打てばすぐに効果を実感できるので

費用対効果は抜群と言えるでしょうひらめき



ここさえ直せば良くなるのに..

と毎日鏡を見て嘆いている方、

同窓会や結婚式などで緊急に良くしたい方などは

勇気を持って美容皮膚科に行ってみると

よいと思いますよ。



がんばって下さいねぴかぴか(新しい)







posted by ポスト美魔女(予定) at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

アンチエイジングに効くと言われる漢方

今日は内側からのキレイを考えてみます。

「漢方」って人によって違ったイメージを持っているかもしれません。

よく





「漢方って長く飲まないと効果ないんでしょ?」




って言われます。

確かに体質改善を目指す場合は長くかかることが多いけれど

体にバッチリあっている薬をタイミングよく飲むと

風邪なんかは1〜2回の服用で治ってしまうこともあり、

その効果に驚いてしまうこともあります。




私が漢方に目覚めたのは、自分が使ってみてその効果を実感してからでした。

産後どうも調子が悪く、食欲が落ちて、立ちくらみがひどく、すぐに疲れて

どうにもこうにも体がダルくてたまらない時期がありました。

なかなか調子が戻らないので、とりあえず普通の病院へ行っても



食欲がないから胃粘膜を保護する薬

立ちくらみがあるから貧血や低血圧をチェック

すぐに疲れるなら血液検査でデータを確認、特に問題ないですね

とりあえず薬を飲んで様子をみましょう



という具合です。

何か病気があれば、その症状を抑えるという「対症療法」が

西洋医学の基本だと思います。

そこで人生で初めて漢方科に行ってみました。

脈、舌、お腹の順番で診察し

たくさんの生薬をきざんだ煎じ薬が処方されました。

半信半疑でコトコト煎じ、とりあえず飲んでみたところ

一服して




あれ?なんかいい感じかも




みたいな印象を持ちました。

続けて2週間ほど飲んでみましたが

徐々に倦怠感がとれて、食事がおいしくなってきました。

西洋医学ではどうすることもできなかった

しつこい倦怠感がほとんどとれてしまったのです。

その後漢方に興味がわいてきて

本格的に勉強することになりました。




漢方って、症状を抑える治療というよりは

症状が起きている原因を少しずつ改善させていくようなものなんでしょう。

どんな時でも

「血流が良い」

っていうのは健康や美容にとって最も大切な要素であると思います。

漢方に入っている生薬の中には

気の巡りをよくしたり

瘀血と言われる、血液が停滞した状態を改善させるようなものがあります。

よく巡っていれば、いらないものが体に滞りにくく

きれいな体を目指せると思います。




漢方でよく言われるアンチエイジングに良しと言われる薬は

桂枝茯苓丸(中肉以上の女性に特に◎)

八味地黄丸(主に中高年)

です。

桂枝茯苓丸は瘀血で女性疾患に困る人に出されたり、

ニキビの改善にもよく使われるものです。

これがエイジングケアとしても良いことが知られています。

ただ、この薬は割とガッチリしてて元気な人じゃないと

強すぎて薬に負けてしまうことがあるので注意が必要です。

もうちょっと体格が細くて華奢なタイプには

当帰芍薬散などの他のタイプの瘀血治療薬がおすすめです。

もちろんこれは一般論で、

きちんと診察したら違う薬が合っていることもあります。




漢方薬はいろんな種類の生薬が混ざったものなので、

生理痛を改善させるつもりで治療を始めて

意外と他の部分の調子までよくなったり

西洋薬とはまた違った、不思議な利き方をするところも魅力です。

生薬や生薬同士のコンビネーション、生薬と腸内細菌のコンビネーションによって

それぞれのベクトルがうまく調和して体を良い状態に持っていく、

そんなイメージです。



漢方のクリニックは、保険がきくところと

ちょっと神がかり的?なうさん臭いところもあるので

注意が必要です。

神がかり的なものが一概にダメとは言いませんが

現代医療にサイキック云々を持ち込むのはどうかと思います。

(あくまで私個人の考えです)

そういうところは概して自費診療(保険がきかない)が多いんですよね。。

中には1ヶ月分のお薬で15万とってるところもあり、驚きです。

自費診療だからあやしい、という意味ではなくて

自費でもちゃんとしたところももちろんあります。

漢方薬を漢方薬局で買うこともできますが

保険がきかないのでやっぱり高いです。

おすすめは

ちゃんと診察を受けて、保険でお薬を処方してもらうことです。

保険がきくので3割で買えちゃいます♪




長くなってしまいましたが

また今度、「常備していたいおすすめ漢方」

について書いてみたいと思います。

漢方を臨機応変にうまく使えば

毎日をもっと快適にすごせるかもしれないですよ☆




























posted by ポスト美魔女(予定) at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月25日

保湿剤の決定版

昨日は飲み会帰りと見られるほろ酔いの上機嫌な人たちや

幸せそうなカップルをたくさん見かけました。

クリスマスというと、なぜかいまだにワクワクしてしまいます♪




そんな楽しいクリスマスですが、お肌にとってはちょっと過酷なシーズンでもあります。

空気は冷たく乾燥しているので、乾燥肌の人にとってはカサつきが気になってるかもしれません。

よく周りの人におすすめの保湿化粧品はなんですか?と聞かれますが、

私の一押し保湿剤はなんといってもヒルドイドとビーソフテンです!

病院で処方してもらう薬ですが、非常にコストが安く、

しかも余計な成分が入っていないのでアトピーの人が普段使いに頻用しているものです。

有名ブランドの化粧品では手を替え品を替え、次々と新しい製品が販売されてます。

中にはアンチエイジング成分をほんのちょっぴり混ぜて保湿剤を作っているものもありますが

化粧品に入れられる有効成分の濃度は微々たるものなので、

アンチエイジングについての効果は気休め程度ではないでしょうか。

徹底的に乾燥肌を改善したいのであれば、高い化粧品にお金を払う必要はないと思います。

皮膚科に行って乾燥して痒いとか言えば、すぐに処方してもらえます。

ヒルドイドは軟膏タイプとローションタイプがありますが、テクスチャーの好みで選んでいいと思います。

ビーソフテンはトロッとした感じのローションで、(スプレータイプもあります)

私は乾燥がひどい時はビーソフテンローションを使った後にヒルドイドをダブルで使います。

これら2剤は血流を良くする成分が含まれているので、足の静脈瘤でカサつく人にもとってもオススメです。

目の近くに使ってはいけないと一応書かれていますが、そんなこと気にせず

目の下の小じわにガッツリ塗ってOKです。

皮膚科の大御所の先生も、




「塗ってると小ジワが伸びるから目の近くにもたっぷり使っていいですよ」




と患者さんに説明していましたよ♪

スキンケアが面倒でさぼりがちな私は、お手入れしないでひどくなった時

ヒルドイドでケアします。

乾燥で小ジワができそうな時、ヒルドイドを使うとその効果をかなり実感できます。




というわけで、乾燥対策はお金をかけずに効果抜群のヒルドイドやビーソフテンで決まりです。

賢く倹約しながらしっとりもちもちお肌を手に入れましょうね☆










posted by ポスト美魔女(予定) at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月24日

食べたものが自分の身体の一部になる

巷には美味しそうなファーストフードや、やたら長持ちするコンビニご飯、

手頃に買える弁当屋の弁当、レンジで簡単に調理できる総菜など

日本には食べ物が溢れてます。

昔の時代は不便だったでしょう。

電気がないから夜に寝れば夜更かしなんかできないし、

冷蔵庫がないから食物の保存もきかない。

だからこそその季節ごとにとれる食材をいただいて暮らしていたんだと思います。

毎日手に入る食物とそのパワーをありがたくいただく、というもっとそんな雰囲気だったんじゃないでしょうか。

ファーストフードを例にあげると、濃い味付けで美味しそうなフレーバーなど

パッと見は誰にでもわかりやすく、美味しいんじゃないか?と錯覚してしまいそうになります。

でも、濃い味付けや人工的な香りは、その素材の持つ本当の美味しさを消してしまいます。




人間のご飯はエサじゃないんですよね。




人間の身体は日々古いものは捨てられて、新しいものに置き換えられていきます。

姿形は同じように見えても、1年たつと身体の90%は新しいものに入れ替わっています。

未来の身体は今現在食べているものが作っている、と考えると

何気なく食べているご飯が将来の健康美の重要なポイントになっているのは

間違いないでしょうね。

普段巷に溢れている、「わかりやすい食事」というのは、

人間に本来備わっている味覚を麻痺させてしまいそうです。

現代人がそういった食事を完全に断つのはなかなか難しいかもしれませんが

チャンスがあれば、意識的に食材の滋味を生かす食事をとれるように

心がけたほうがいいかもしれませんね。



漢方の考えでは「気」という重要なファクターがあります。

たくさん加工された加工食品だと、せっかくの穀気がぶっとんでしまいます。

せっかく食べるなら、食材にあまり手を加えない「気」のパワーが豊富な食事を

すると良いと思います。

ある先生はなるべく生で食べましょう、と言っていますが

野菜を生でばかり食べると、特に葉ものはあまりたくさん食べられないので

火を通して食べるのは、私は悪くないと思っています。



私も普段はかなり多忙のため、ついついおなかを膨らませることを考えて

お手軽なご飯を食べてしまってます。

でも、休みの日くらいはなるべく素材を生かした食事を食べるように心がけています。

せめて小さい子供には、とがんばって毎日質のよい食事を食べさせていることについては

自分自身をほめてあげたいです♪



1年後の健康美魔女を目指すために、

今からでも毎日の食事を見直してみませんか?

意識するだけでも変わってくると思うので

がんばっていきましょう!




posted by ポスト美魔女(予定) at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月23日

ボトックスは確実に効く

いきなり美容皮膚科メニューについて。

アンチエイジング治療には



1. 針やメスを使わないお手軽メニュー(light)
2. 針を使うプチ整形(middle)
3. やるなら徹底的にというメスを使うもの(intensive)



がありますね。

あくまで私がイメージするカテゴリー分類になりますが、

気軽にできるlight メニューはフォトフェイシャルやイオン導入、針を使わないメソセラピー、トレチノインやハイドロキノン

(他にもありますが)などがあります。

middleメニューというと、ヒアルロン酸注射、ボトックス、針を使うメソセラピーなどのイメージ。

intensiveメニューならやっぱり直接いらない皮膚を切り取って持ち上げる観血的リフトやスレッドリフトでしょう。



フォトや他のレーザー治療もそれなりに効果あるんだけど、

誰の目から見てもハッキリ効果を実感できる施術其の一はやはりBOTOXです。



打って2〜3日ぐらいから違いがハッキリわかります。

ボトックスは使い道いろいろですが、多いのは眉間のシワ。

普段難しいことを考えている人は自然と眉間に力が入って、眉毛の付け根がなんとなく盛り上がってしまいます。

そこが盛り上がると、感じが悪く見えるだけじゃなく、老けてみえちゃいます。

他に多い場所としては目尻のカラスの足跡なども。

笑うと歯茎が見えちゃうガミーフェイスにも効果抜群。

白目を少し多く見せるために目の下に打つこともあります。(ある人気女優などもいっつもやってます。。)

ボトックスの効果は3ヶ月くらいですが、打てば確実に3ヶ月はその場所のシワとおさらばです。

値段はそこそこかかりますが、わかりやすい効果を実感できる治療としてはボトックスはかなりおすすめと言えます。

保存がきかないため、クリニックによってはムダなく使い切りたいということもあって

ボトックスのディスカウントdayがあったりするので、それを狙っていくと少し安く打てます。



美容メニューはたくさんあるけれど、中でもボトックスははっきり効果を実感できるので

高いお金を払う価値アリです。




美容皮膚科医の中には他の科から転科したてのなんちゃって美容皮膚科医もいるので

経験と実績のある医師を選ぶことは絶対条件ですけどね..











posted by ポスト美魔女(予定) at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美魔女は一日にしてならず





最近日本の40代女性がなんだかきれいになってきました。

実年齢とかけ離れた若さと美しさ、教養などを兼ね備えた「美しく年をとる達人」..

そしてバスタイムや食生活に魔法をかけて、日々美しく生まれ変わる..

だから単なる美女ではなくて「美魔女」と呼ばれているのかもしれませんね。




では美魔女をつくるにはどうしたらいいんでしょう?




中には健康を維持するだけで、それ以上のお金をかけなくても美魔女になれちゃうラッキーな人もいます。

でも健康でなければ内からにじみでる美は醸し出されないし、

ある程度皮膚にお金をかけないと健康美+αにはなりにくい。

おまけに教養磨きも、それなりに時間とお金がかかる..



日々サビていくのに逆らって美魔女になるには、大抵の場合
「時間、手間、お金」 がかかるんです。



・日々の小さな努力を将来の大きな変化に
・もしコストをかけるなら費用対効果重視



ということをポリシーに

元美容皮膚科医としての経験と漢方の知識を生かして日記を書いていきたいと思います。




かくいう私は相当の怠け者。

全部を実行するのはかなり無理かも。



でも

「知らない」のと、「知っているけどあまりできない」

との差は結構大きいと思ってます。




心がけだけでもずいぶん変わるんじゃないでしょうか。

ゆったりがんばりましょう♪





posted by ポスト美魔女(予定) at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。